前川農場TOP > 松阪牛とは > 特産松阪牛とは

特産松阪牛とは

松阪牛のうち、次の2つの条件を満たした牛を「特産松阪牛」と呼び、他の松阪牛と区別しています。

・但馬(兵庫県)系の黒毛和種を素牛としていること
・松阪牛生産地域において900日以上の長期にわたり肥育されていること

このような松阪牛を「特産」と呼ぶことには、松阪牛の歴史が関わっています。

 →松阪牛の歴史

簡単に言えば、但馬地方で生まれた牛を長期間肥育するということが、松阪牛のルーツにより近い伝統的な肥育方法であるといえます。
そこで、この伝統を継承し、より一層の肥育技術の向上を図るため、この条件を満たす松阪牛を「特産松阪牛」と呼び、一般の松阪牛と区別することにしたのです。

特産松阪牛はその特徴的な長期間肥育により、一般的な牛肉の枝肉格付けでは評価されない、独特のおいしさがあるといわれています。
現在、そのおいしさを科学的に分析するための研究が進んでいます。

 →品質規格について

 松阪牛の美味しさ分析について詳しくは松阪牛協議会ホームページをご覧下さい。
   →松阪牛協議会ホームページ(http://www.matsusakaushi.jp/index.html)