前川農場TOP > 松阪牛とは > 松阪牛の歴史

松阪牛の歴史

農作業の機械化が進む前の時代の話です。
松阪地方では、牛に農機具を引かせて田んぼなどを耕していました。このような仕事をするために飼われている牛を役牛(やくうし)といいます。
この役牛として松阪地方で人気があったのが、おとなしくてよく働く但馬地方(兵庫県)生まれの雌牛でした。
但馬地方(兵庫県)生まれの雌牛は紀州地方で農耕用の調教を受けたのちに、松阪にやってきて働いていました。
役牛は農家の家族と一緒に働き、農家の人々から家族の一員のように大切に育てられていました。

このように当初は、もっぱら牛に働かせることを目的にしていたのですが、明治の時代になり、外国文化の影響から、日本でも牛肉を食べるという文化が広がりました。
そのことによって、最初は農耕に使われていた役牛も、その一部が肉牛として消費されるようになります。
このときに、松阪の農家は、農耕に3~4年使った牛を引退させ、1年ほどかけて太らせたものを肉牛として出荷したのです。
このような長期間に渡り、農家の家族の一員として大切に大切に育てられた牛は、他の牛には真似のできない独特の旨みを持ち、次第にその支持と販路を広げていきました。そしてその味ははるか東京でも認められ、絶大な人気を誇りました。
鹿鳴館や高級料亭の需要に応えるため、松阪から東京まで徒歩で牛たちを連れて行く「牛追い道中」が、ほぼ隔月で行われていたほどの人気だったといいます。

こうして生まれた松阪牛は、その後も肥育農家のたゆまぬ努力によって発展を続け、肥育技術をさらに磨きながら今日に至っています。
現在では、特に但馬地方の生まれに限らず、全国から優秀な牛を導入し、肥育して出荷しています。
(但馬系の牛以外でも「松阪牛」と認められます。
 ただし、古くからの伝統を継承し、但馬系の牛を長期間肥育して出荷した場合、
 「特産松阪牛」として扱われることになっています。)

 →松阪牛の条件
 →特産松阪牛とは

そして、2002年には「松阪牛個体識別管理システム」を導入するなど、信頼と安全の確保に積極的に努めた結果、松阪牛は日本国内のみならず、世界においても高い評価を勝ち得ています。

 →個体識別管理システム

今や松阪牛は「肉の芸術品」として「世界のブランド」と呼ぶにふさわしい肉牛のトップブランドです。