TOP > 松阪牛とは > 個体識別管理システム

個体識別管理システム

松阪牛についての情報を一頭ずつ的確に管理し、どの松阪牛についても、その牛がどこの生まれなのか、肥育農家において何を餌として育てられたのか、などが簡単に分かるように情報を一元化するシステムです。

それぞれの松阪牛の情報は、松阪食肉公社ホームページから、個体識別番号を入力するだけで誰でも簡単に検索することができます。

最終的に牛肉を手にした消費者が、その松阪牛についての詳細な情報を確認できるすることで、松阪牛のブランドに対する安心と信頼を確保しようという狙いがあります。

消費者に優れたトレーサビリティー(追跡可能性=手に取った商品から、その商品についての情報を手に入れることができるということ)を提供するシステムとして高く評価されています。

 →個体識別番号とは

 松阪牛個体識別番号情報検索
   →三重県松阪食肉公社ホームページ(http://www.mie-msk.co.jp)

■個体識別管理システムの流れ

  1. 松阪牛を肥育する農家は、新しく牛を買って飼い始めるときに、松阪食肉公社に報告します。

  2. 報告を受けた松阪食肉公社が、新しい牛と、牛を育てる農家の確認をします。
    • 個体識別番号の確認
    • 個体証明書の撮影
    • 牛の顔の写真撮影
    • 牛の鼻紋採取
    •  (※鼻紋とは、牛の鼻の部分のしわのことで、人間でいう指紋のように
         1頭ずつ違っています)
    • 肥育農家の写真撮影
    • 牛の飼料の確認

 →個体識別番号とは

  1. 牛を育てている間、松阪食肉公社は年に数回、牛の肥育状態の確認をします。

  2. 牛を出荷するとき、農家は松阪食肉公社に報告をします。

  3. 松阪食肉公社は、出荷される牛が本当にその牛かどうか、個体識別番号や、牛の顔写真、個体証明書などを元に確認します。

  4. 出荷する前に、あとでDNA検査を実施するときのために、検体を採取します。

  5. 出荷された松阪牛は、全て1頭ずつ、食肉衛生検査所の検査員(獣医師)の検査を受けます。BSE(牛海綿状脳症)にかかっていないかどうかも検査されます。

  6. 検査に合格したものは、日本食肉格付協会による格付けを受けたあと、肉事業者に出荷されます。

 →牛肉の格付け

  1. 肉事業者の依頼を受けて、松阪食肉公社は、その牛が松阪牛であることを証明するために松阪牛証明書と松阪牛シールを発行します。

 →松阪牛としての証明

  1. 松阪牛シールの貼られた牛肉が、一般市場に出荷されます。

  2. 松阪牛を購入した消費者は、ホームページに松阪牛シールに記載されている個体識別番号を入力することで、購入した松阪牛についての様々な情報を入手することができます。

  3. 必要に応じて、牛肉パックの中身が、貼られている松阪牛シールの個体識別番号の牛と本当に一致しているのか、DNA検査を行います。