前川農場TOP > 前川農場のこだわり > 牛の角について

牛の角について

このホームページに掲載されている牛の写真を見て、「どうして角がないのだろう」と、違和感を持たれた方もいるのではないでしょうか。

前川農場で肥育されている牛たちは、基本的に角を切ってあります。
これは、牛たちが互いにケンカをするのを防ぐためです。

牛にとって角は攻撃のための武器ですから、気に入らない相手とは角を突き合わせてケンカをします。けれども角がなければ、それができません。角があると思って相手に突撃すれば、自分の頭がぶつかって「あれ? 痛い……」ということになります。自分が痛い思いをするのは牛たちも避けたいので、おのずと牛たちは寛容的な平和主義者になり、ケンカをしなくなるというわけです。

そして角という武器がない以上、他の牛より優位に立てるのは、体の大きい牛ということになるので、牛たちは一生懸命こぞって餌を食べ、大きくなっていくのです。

また、角がないので、従業員が怪我をすることも減りました。