前川農場TOP > 企業案内 > 会社沿革

会社沿革

不詳現在の代表者 前川誠の父、前川勲が、自宅地所内の木造小屋を牛舎に改造して役牛肥育を拡張する
1965年自宅地所内に、現在の本部牛舎の元となる鉄筋牛舎を建てる
前川農場を名乗る
1970年現在の導入牛舎の元となる牛舎を建てる
1987年1970年に建てた牛舎を一部取り壊し、前川誠(当時24歳)が初めて牛舎を設計し建てる
これが現在の導入牛舎となっている
  (肥育頭数48頭増加)
1999年第一牛舎の一期工事完成
  (肥育頭数120頭増加)
2000年宮崎県・北海道で口蹄疫発生
2001年第一牛舎の二期工事完成
  (肥育頭数160頭増加)
 日本でBSE発生が社会問題化
2004年前川農場の代表者を前川誠が代行
自宅地所内の木造牛舎を取り壊す
2007年代表者が前川誠に交代
法人設立
株式会社前川農場の誕生
2010年第二牛舎が完成
  (肥育頭数360頭増加)